便秘を改善しよう

便秘を解消させるためには、善玉菌の活躍が不可欠とされています。ですが、なかなか生きたままの善玉菌を増やすことは難しいものがあります。もしもそれを実現したいと思うならば、食生活そのものを見直すことを考えなければなりません。

腸内環境ですから、今現在自らの腸内にいる善玉菌を元気づける必要があります。そこで出てくるのがオリゴ糖なのです。善玉菌はオリゴ糖を取り入れることにより、元気になって悪玉菌をやっつけてくれるのです。つまり、オリゴ糖が便秘を解消してくれるというよりも、善玉菌がオリゴ糖を取り入れることにより、腸内環境が整い便秘が解消されるというわけです

オリゴ糖というのは、少しくらい食べても血糖値が上昇しない、カロリーは砂糖の半分以下、小腸で消化吸収されることもなく大腸までしっかり届きます。また、善玉菌はオリゴ糖が大好物であるというところもあります。

オリゴ糖は摂ることで誰もが便秘を解消できるとは思わないことが大事です。便秘の原因としては、食生活の乱れやストレス、それに運動不足などが原因となっています。ただし、どれが原因かつかみにくいこともあります。ただ、善玉菌の働きのことを考えて、とにかく試してみるのも良いでしょう。

オリゴ糖

砂糖オリゴ糖とは何かと言うと、糖分の仲間です。ブドウ糖、それに果糖といったような、これ以上分解が出来ないような糖が2個から10個集まっているものです。2個から10個と言うと多いように見えるのですが、20個程度集まったものが多糖と言いますが、少ない糖をオリゴ糖と呼ぶのです。砂糖は主成分がショ糖であり、ショ糖は単糖2つが結合した少糖類ですから、砂糖がオリゴ糖の一種となるのです。

オリゴ糖は糖類であって、甘味料として使うことができますから、砂糖と同じなのでは?と思われるかもしれませんが、その働きは全く違うものとなります。オリゴ糖はカロリーが低いことに加えて、胃で消化されないため腸内で善玉菌の栄養分になります。善玉菌は腸内で活発に働くことで、腸内環境は良くなり、便秘の解消を促してくれるわけです。

オリゴ糖は健康にとって良いのですが、効果的な摂り方をしなければ下痢の原因にもなってしまいます。人により違いもあるのですが、1日に2グラムから5グラム程度が適量とされているのです。最初から一気に摂るのではなくて、様子をみつつ少しずつ摂ることを考えるのが良いでしょう。ちなみに、オリゴ糖には色んな種類がありますから、身体に合ったものを選ぶことが大事です。

【参考リンク】オリゴ糖とは

オリゴ糖で便秘改善

オリゴ糖という言葉は聞く機会も多いと思います。ですが、これが何なのかということをちゃんと知っている人はどのくらいいるのでしょうか。

便秘の改善オリゴ糖は、もちろん糖分の仲間となります。砂糖と同じなのかと思われるかもしれませんが、働きは全く異なるものとなります。オリゴ糖は低カロリーであることに加えて、腸内で働く善玉菌の栄養分になるのです。善玉菌が体内で活発に働くことによって便秘の解消に繋がるわけですから、オリゴ糖は人体にとって必要なものとなるわけです。ちなみに、オリゴ糖は健康にとって良いものですが、効果的な摂り方をしなければ下痢の原因にもなってしまいます。一気に摂るのではなくて、最初は少しにしておいて、量も自分に合うところになるまで調整をしていくと良いでしょう。

便秘を解消させたいと思ったら、善玉菌を活性化させることが必要になります。善玉菌はオリゴ糖が大好物ですから、オリゴ糖をうまく活用させることが出来れば、腸内環境も整い、便秘も解消できるということになります。もちろん、便秘を解消させるためには、それだけではなくて、食生活の乱れ、ストレス、運動不足の解消なども求められます。原因はどれか分からないかもしれませんが、思い当たるところから試してみるのも大切です。

オリゴ糖を使うことにより、便秘の改善は可能ですから、是非とも色々と試してみて欲しいですし、オリゴ糖の種類も色々ありますから購入してみるのも良いでしょう。