オリゴ糖

Pocket

砂糖オリゴ糖とは何かと言うと、糖分の仲間です。ブドウ糖、それに果糖といったような、これ以上分解が出来ないような糖が2個から10個集まっているものです。2個から10個と言うと多いように見えるのですが、20個程度集まったものが多糖と言いますが、少ない糖をオリゴ糖と呼ぶのです。砂糖は主成分がショ糖であり、ショ糖は単糖2つが結合した少糖類ですから、砂糖がオリゴ糖の一種となるのです。

オリゴ糖は糖類であって、甘味料として使うことができますから、砂糖と同じなのでは?と思われるかもしれませんが、その働きは全く違うものとなります。オリゴ糖はカロリーが低いことに加えて、胃で消化されないため腸内で善玉菌の栄養分になります。善玉菌は腸内で活発に働くことで、腸内環境は良くなり、便秘の解消を促してくれるわけです。

オリゴ糖は健康にとって良いのですが、効果的な摂り方をしなければ下痢の原因にもなってしまいます。人により違いもあるのですが、1日に2グラムから5グラム程度が適量とされているのです。最初から一気に摂るのではなくて、様子をみつつ少しずつ摂ることを考えるのが良いでしょう。ちなみに、オリゴ糖には色んな種類がありますから、身体に合ったものを選ぶことが大事です。

【参考リンク】オリゴ糖とは